ITのおかげでtwitterで楽しむ人が増えています

最初は芸能人から流行ったtwitterも、今はほとんどの人が利用しているような状態ですね。単なるつぶやきではなくて、メールのような役割も果たしています。

IT関連の会社においても、IDを取得して、実際にツイートしているような会社も多いようです。
そうすることによって、人脈が広がったり、会社の名前が世間に知られることも多くなるでしょう。

実際に企業の宣伝にもなりますし、便利なツールだと思います。
そしてそれを通じて仲良くなって、やりとりを毎日のようにするということも出来ますし、直接メッセージをしたり、フォローしている人以外にはツイートを見せないというような設定も出来るようです。

人それぞれツールの使い方や楽しみ方が自由に出来るというのは、ポイントが高いと思います。いわゆる柔軟性に富んだツールの方が、一般受けするということは確かです。
そして、自分がツイートして誰かがリツイートしてくれて、そこから繋がりが出来たというようなこともあるでしょう。

今までは知らなかったような相手とtwitterを通じて仲良く慣れることが出来たというのは嬉しいことかもしれません。同じ様な気持ちや思いをもって、ツイートしたことにリツイートしてくれたということで、自分は一人じゃないんだというような気持ちを持つ事も出来るでしょう。

出来れば悪用ではなく、良い方向に使用されることが多いことを願います。せっかく作った人のためにも、良い使われ方をされたらいいのになと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です